2018年最高のiPhoneはXRで決まりだ。買うならコレだ。

ガジェット

iPhone買うならXRで決まりだ。

以上だ。

XSもXS MAXも微妙に違う。XRのデキが良すぎる。

XRとXSの値段差3万円、性能差は想像以上に小さい

正直、iPhone XS / iPhone XS Maxよりも落ちる部分を感じないわけではありません。しかし価格差を考えれば、いずれも充分になっとくできるものばかり。一方で、iPhone Xファミリの中核技術であるFace ID、カメラ画質、AR性能、SoCそのものの性能などは、ほぼiPhone XS / iPhone XS Maxと同じ。

https://japanese.engadget.com/

XRは8万円あれば十分購入可能なレベルなのに対し、XSは10万円を超えてくるという、格安スマホが主流の現在ではかなりの高級機。

しかし性能差はほぼ無い。

ここまで利用体験のレベルが近いなら、カラーリングの選択の幅が広く、購入しやすい価格帯を実現しているiPhone XRは魅力的でしょう。廉価版ではなく、大多数のユーザーが満足できるよう、適切に取捨選択をし、”ど真ん中のストライク”なバランス良い1台を作ったのがXR。

https://japanese.engadget.com/

XRはXSに比べて倍近いカラーリング選択が可能なのも魅力だ。

画面だってXSより大きい。大きな画面はそれだけで強みだ

XRの液晶ディスプレイは6.1インチだが、ベゼルは5.8インチのXSよりわずかに広い。単体では気づかないだろうが、両方を並べて比較すればわかる。

https://wired.jp

携帯は小さくあるべきだと主張するユーザーも多いのは事実だ。

しかし、今のスマホは昔のようにベゼル部分がかなり減っている。6.1インチのXRは、3年前のタブレットクラスだ。倍くらいの面積があってもおかしくはない。

確かにXRは大型のスマホに分類される方だが、大型のスマホの中ではまだまだ小さい。

 

Xシリーズの中では最低価格のXR、廉価版というわけではない。

実際、価格も決して安いわけではありません。だって、廉価版じゃないんですから。パフォーマンスは最上位と同じ。防水が保証される水深などの細かな違いは、この際、どっちでもいいんじゃなかろうか……というと少し乱暴ですかね?

https://japanese.engadget.com/

最近のスマホは防水機能が付いていないスマホでさえ、浸水しても簡単には壊れない。
僕は非防水のスマホを2年間風呂に持ち込み続けているがまだまだ元気だ。

背面のガラスパネルは「X」と同じもの。

XSとXS Maxは、背面を覆うガラスパネルの強度が向上した。一方のXRでは、昨年の「iPhone X」に使われていた素材がそのまま採用された。ただし、ディスプレイ側はXRもほかの2モデルとまったく同じだ。

https://japanese.engadget.com/

XRより高価なXSとXS MAXはより強度の高いガラスパネルを採用している。

XSたちと比べるとなんか旧世代のように感じるが、十分最新クラスのガラスなのだ。耐久性に問題はない。

シングルカメラとはいえ、Xと比べても遜色はない。

XRはシングルカメラ(広角レンズだが望遠ではないので光学ズームはついていない)である。このため、デュアルレンズのXSと同じレヴェルまで被写界深度を調節することは難しい。

これは「ポートレート」モードで撮影したときに、被写体が人間でないとうまく背景をぼかすことはできないことを意味する。シングルカメラの背景のボケは人工知能(AI)を使って加工してつくり出したもので、アップルのAIは人間だけを認識するように訓練されているからだ。

https://japanese.engadget.com/

デュアルカメラの十八番みたいな流れがあった「ポートレート」モード。

なんとXRはシングルカメラの分際でAIを使用し”疑似”ポートレートを可能にしている。
もちろん、XSの本物のデュアルカメラと比べても違いが全くわからない。

バッテリー持ちはXRが強い

実際に使ってみた経験から言うと、バッテリーは土曜の朝から日曜の午後までまったく充電しなくても大丈夫だった。個人的には週末は平日より携帯電話の使用頻度は低いが、それでもごく普通に使っている。具体的には、TwitterやInstagram、ニュースを読む、音楽のストリーミング、動画の視聴、地図検索、写真や動画を撮るといったことだ。

https://japanese.engadget.com/

今までのiPhoneより更に1.5時間長持ちするように作られているらしい。

しかし、なんとXS MAXとXRのバッテリー持ちを比較するとXRのほうが長く使えたという事例も多い。

モバイル端末の命とも言えるバッテリーの耐久性。
Xシリーズで最長のバッテリー持ちを誇るのはなんとXRだったのだ。

まとめ

新型iPhone、どれを買おうかなと悩むとき、おそらく考えるのは細かい性能以外の部分だろう。

XRはシングルカメラの分際で非常に優秀だ。バッテリー持ちはXシリーズ最長。XSなどの有機ELと違いただの液晶とはいえ、違いなんて簡単にわかるものではない。

Xシリーズの中では最低価格のiPhoneとはいえ、モノはiPhone。
れっきとした高級端末だ。

XRは ガチ

 

コメント