Xiaomi Redmi note 6 pro のブートローダーアンロック、非常に面倒くさい思いをしている。

ガジェット

おはようございます。ゼンです。

先月11月11日を中心にGearbestという大手通販サイトにて「独身の日セール」という1年の中でもかなり規模が大きいセールがありました。

そこで僕が買ったのは「Xiaomi Redmi Note 6 Pro」の4GB/64GBモデル。

セール価格わずか169ドル・・・と、通常価格では送料込みで35000円くらいしそうなのが27000円弱で買うことができた。

Redmi note 6 Pro (僕の)欲しい機能はとりあえず全部備えていた

この「Xiaomi Redmi Note 6 Pro」は流行を完全に取り込んだスマホだ。

本題からズレてしまいそうなので軽く触れるだけにするけど、

  1. 6.25インチディスプレイ
  2. 画面上部はノッチあり
  3. デュアルカメラ

と、最近の機能はすべて揃っている。

Antutuベンチは12万強と、性能的にも偏差値55位ありそう。

僕のほしかった機能は

  • 大きな画面
  • 背面指紋認証
  • ノッチ
  • イヤホンジャック
  • とりあえず困らないスペック

だけなので、これらを完全に備えている「Xiaomi Redmi Note 6 Pro」は僕の中では完璧なスマホだ。

唯一残念とすればおサイフケータイが使えないところだけど、もともと使っていなかったから気にはならない。

僕はRoot化がしたかったんだけども

スマホにある程度興味を持っている人なら絶対聞いたことはある/やったことはあるRoot化

通常使用ではアクセスできない領域へのアクセスを可能にすることで、普通では考えられないような機能を追加したりカスタマイズをすることが可能になる。

今は「Adguard」とか色々な広告ブロックアプリが出てきたが、Root権限ナシで可能な広告ブロックはVPNを通すのが主流で、広告ブロック機能も貧弱の上、バッテリーの消耗が激しすぎる。

広告大量バラマキブログが嫌いな僕にとっては広告ブロックは必須なのだ。求めるブロック機能を手に入れるにはRoot化は必須・・・

あとは画面密度を弄ったり(これはADBを通せば可能だったりするが)したい。

Root化できないならできないでいいのだけど、できるならやっておきたいのがガジェオタの性である。

Xiaomi端末はRoot化するのが若干大変。

Root化が大変という書き方をしたけど、実際大変なのはRoot化をするための
ブートローダーアンロックという作業。

少し前まではアンロックするためには1行で済むコマンドを打つだけで終了したものだが、最近では不正利用を防ぐためという名目にて、公式サイトに申請を通した上最短72時間~最長720時間の待機時間が発生する。

少しでも早く弄り回したい僕らオタクにとって待ち時間は以上に苦痛だ・・・

ちなみにこの待機時間というのは古いスマホは短く、最新のスマホは長いようにできているらしい。

僕が買ったのは今年夏に発売したばかりだからもちろん長い。

日本でもそこまで見ないスマホなので、基本海外の情報頼りだ。
いつも参考にしていたYoutuberは30日間と言っていたので、30日間待つしか無い。

ウズウズしながら、広告に耐えながらつい昨日30日が経過したのだ。

720時間も待たされた。さっさとアンロックしてやるぜ

設定も全部済ませて、専用のアンロックツールを起動する・・・

オワ。認証できないデバイスらしい。

この他にも、

  • その携帯は不明なスマホだからサポート外だよ!
  • アンロック済みだからもうやらなくていいよ!(できていない)
  • 施行しすぎ!もうちょっと待って!
  • 接続されていません
  • 文字化けして読めない

等、様々なエラーメッセージを15時間に渡って見てきた。

らしい。で済む話ではないので、TOEIC880点をフル活用しながら(翻訳しているので英語は見ていない)海外サイトを漁っていく。Xiaomiのフォーラムで質問したりもした。

Android studioを入れ直してみたり、ADBドライバの確認やらパスの確認やら本当に色々試した。

可能性がある原因を沢山の方からアドバイスいただいた

  1. OEMアンロック解除にチェックしていない
  2. 規定の時間を待っていない(僕の場合はそもそも文字化け中国語だらけで待ち時間を見たことすら無い)
  3. USBデバッグを許可していない
  4. 最新バージョンにアプデしてからやらないと駄目
  5. そのスマホよりこっちのスマホの方がおすすめ
  6. AMDではなくIntelコアのPCで試したら行けた

など、キリがないくらいの数だったが、結構参考になった。全部試した。

どれも正解ではなく、アンロックにはたどり着けなかったが・・・

結局、クソみたいな理由で足が止まってた

長い時間迷い続けて、結局はとてもしょうもない原因だったのだ。

アカウントとスマホが連携できていなかった

以上。

720時間待てと言われたら、スマホでXiaomiアカウントを登録し、ログインした状態で720時間待たないといけない。

僕は勝手に購入してから720時間かと思っていたのだ・・

気を取り直してしっかりと電話番号認証もメアド認証も済んでいるちゃんとしたXiaomiアカウントとRedmiを連携させる。

コレで改めてアンロックを試すと・・・

 

何も変わらないのである。

物事がうまくいかないときはからだがムズムズしてくる。

ここで「AMDではなくIntelコアのPCで試したら行けた」を思い出し、急遽ノートパソコンを取り出して試してみる。

・・・・・・表示された。待ち時間が。

僕のウズウズ待機していた720時間はどこへ・・・?

356時間(15日)後にまたお会いしましょう。年明けですね。

コメント